本文へスキップ

ダイビングに行く時の交通手段

ダイビング関連サイトは、お気軽に登録ください

新規登録はこちら

アクセスaccess

アクセス

泡リング2

電車の場合

ダイビング地まで電車で行く場合に注意することは
@機材をメッシュバックに入れて、メッシュバックごとハードケースに収納
A当然ですが発車時刻・到着時刻・乗換え場所を入念にチェック
Bダイビングサービスショップの送迎確認
C送迎が無い場合はタクシー等の交通手段の確保
D朝食の確保・摂るタイミングを計算する
※車内で寝過ごさない→携帯アラームSetは有効です。

自動車の場合

自動車の場合は割と融通が利いて楽ですが渋滞や事故で予想外に遅くなることがあります。
時間には余裕を持って出発しましょう。
特に帰りは危険で
ダイビング地→自宅までのルートに高地を通らないか注意ください。
ナビ任せで走ってると危険です。
※帰路は強烈な睡魔に襲われることもありますので注意ください。

泡リング

飛行機の場合

ダイビング地まで飛行機で行く場合に注意することは
@機材をメッシュバックに入れて、メッシュバックごとハードケースに収納
A出発時刻・到着時刻を入念にチェック
Bダイビングサービスショップの送迎確認
C送迎が無い場合はタクシー等の交通手段の確保
D朝食の確保・摂るタイミングを計算する
E体内窒素を充分に排出する時間をとる